これ、オシャレだと思う? 上司から「ひと皮むけた」と絶賛された『半袖Tシャツの袖まくり』アレンジがこちらです / 0円で出来るファッションテク

準備……できてるか? 気は……緩んでないか? 情熱は……足りてるか? みなさん、くどいほどに自問自答してる時期かと思います。何度も言っているように、勝負を決めるのは準備。

以前に公開したバレンタインの記事でも全く同じこと言ってますけど、今回はバレンタインの話ちゃいますよ。サッカーでもないですよ。ワールドカップでもないですよ。何の話かと言ったら……暖かくなる時期のファッション。その準備が出来てんのかって話ですよ。

オシャレは我流が基本

僕を例に出して言うと、両腕に腕時計をつけるのがこだわりファッションの1つやったりするんですけど、それを皆さんがやったら、単なる人の真似じゃないですか。そういうのって、“本物のこだわり” とは言えないと思うんですよ。そもそも僕の両腕の腕時計は、季節関係なく通年でやってますからね。

何が言いたいのかっていうと、「オシャレを自認する人ならば、春でも夏でも我流のファッションで身を固めてるってことが最低ライン」やっていうことですよ。

──とはいえです。「我流でとか言われても、どうしたらええかの分からへん」って人も、やっぱり多いと思うんですよ。そこで僕がオススメするのが、何かを元に自分でアレンジを加える方法。

何を元にするかは自分で決めればいいと思うんですけど、僕が最近目をつけてるのは「半袖Tシャツの袖を少しまくるアレ」なんですよ。よく女性がやってますよね?

袖をちょこっと折るだけやから暑さ的には変わらへんかもしれへんけど、パッと見た感じ、垢抜けてると思いませんかね? アレって、お金もかからへんしアレンジの幅も広そうやから、男性もやっていいと思うんですよ。しかも……最初に結論を言うと、これを色々アレンジしたら世界を驚かすファッションになったっていうね。

──え! 何? 「今の時期に半袖のTシャツはちょっと早い」って!? 

……

……

しまった……メキシコのパチューカ基準で話してもうた。4月頃のパチューカを日中散策するファッションの想定で話してたんですけど、これは僕がうっかりしてましたね。

まあでも、日本もあと少ししたら半袖でしょ? 先を読んで行動するって、サッカーに限らずビジネスでもファッションでも大事やと思うんで、ここは半袖のTシャツでいきますよ。あえてね。

ということで、ほんだ……じゃなくて本題の「半袖Tシャツの袖まくり」なんですけど、これにどういうアレンジを加えるかを考えていけばいいんですよ。

・そのままやってみる

ものは試しで、まずはそのままやってみましょうか。

他の人はどう思うか知らないですけど、僕はこれだと全然満足できないですね。というより、ここで満足したら伸びしろゼロでしょ? 理由は言うまでもないですよね。人がやってるのをそのまま真似しただけな上に、そもそも何も変わってないじゃないですか。

かつて、ファッションの都・ミラノにいたこともある僕の基準で判断するならば、完全にノーですね。でも、ここからがスタートなんでね。ガンガンアレンジしていきますよ。

・アレンジ1発目

こうなったら、「Tシャツの袖をもっと折る」ってのも選択肢の1つやとは思うんですけど、僕はピッチ(体)をもっと広く使っていいと思うんですよ。なので、Gパンの裾(すそ)も折ってみましょか。袖から攻めると思わせて、裾から行く。一種のサイドチェンジですね。鏡で確認してみると……

まだまだ全然ダメですね。縦にズバッと行ってる感じがゼロでしょ? これで満足する人もいるかもしれないですけど、何度も言うように、僕のファッションはミラノ基準なんでね。ミラノでパスタ食べて帰ってきた身としては、満足できないですね。

じゃあどうするのかと言うと、個の強さを発揮して縦にズバっと行くしかないんですよ。──というわけでGパンを脱いでみたんですが、それは次のページ(https://wp.me/p25BsW-4los)で紹介しましょうか。ちなみにここから先は閲覧注意なので、くどいほどに自問自答した結果、「いける」となった人だけでお願いしたいですね。

Report:和才雄一郎
イラスト:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です