ついにPSVRに対応した反重力レースゲーム『Wipeout Omega Collection』をプレイしての率直な感想は感動

VRゲームの感想を表現するのは難しい。VR感が「すごい」か「ダメ」かだけの感想であれば簡単なのだが、あまりにもすごすぎる作品になると、何かにキマってる人のたわごとにしか見えなくなるからだ。たとえるならば、昨晩に見た「夢」を語られるようなものである。しかし、実際に「見えてしまっている」のだから仕方ないのだ。

それをふまえたうえで、あえてのVRレビューを書いておきたい。作品名は『Wipeout Omega Collection(ワイプアウト オメガコレクション)』で、対応ハードはPS4。前々から持っていたゲームだが、つい先日の2018年3月28日、ついにPSVR対応になったのである。

『Wipeout Omega Collection』とは、これまでにリリースされてきたWipeoutシリーズ「Wipeout HD」、「Wipeout HD Fury」、「Wipeout 2048」の3作品が収録されているオトクな作品。ちなみにDL専用のゲームだ。

発売(リリース)されたのは2017年の6月8日で、昨年の夏ごろにPSVR&PS4をゲットした私は、当然のように同作をDLしてプレイしていた。なぜなら、根っからのWipeoutファンだからである。今から約22年も前の1996年にPS用の『ワイプアウト』にハマって以来の大ファンであり、過去には記事も書いたことがあるほど。

つまるところ、最初から「Wipeout寄りな気持ち」ではあるのだが、これだけは最初に書いておきたい。それは……『Wipeout Omega Collection』は、VRに対応する以前から、PSVRでプレイしたらヤバいくらいにスゴかった……ということ。

最初からヤバかった。VR対応じゃないのに、PSVRゴーグルを装着しての「擬似的大画面」でプレイすると、面白いようにWipeoutの世界に没入できた。思わず体は動いちゃうし、「別にVR対応にならなくても満足です……」ってな感じだった。

しかし!

昨年末、突如として「Wipeout Omega Collection、追加アップデートでVR対応に」と発表され、私は思わず「シェーッ!」と叫んだ。すでに、すごい。すでに、きもち、入り込める、なのに、さらに、VR……!!

その日以来、「まだかな〜」と待ち続けた。たしか最初は「2018年初頭」とか発表されていた気がするのだが、待てど暮らせど新たな情報が入ってこない。こりゃ、もしかして頓挫したのかな……と思っていた2018年3月28日! ついに……キタのだ。

当日は忙しくて帰宅したのが深夜1時過ぎだったため、翌朝、早起きしてPS4を起動した。VR作品というモノは、「お初」のリアクションが最も新鮮かつ、ウソ偽りない正直な反応なので、記念に3つのカメラをセットした。

さらに、秘蔵の「WipeoutラグランTシャツ」を着用し……

ゲームを起動……

キタ……!

はよアップデートされろ……! はよ……!!

そして……

Instagram Photo

起動後の「生リアクション」については、Instagramなどにアップした1分動画を参照してほしいのだが、その動画もまた「単に幻覚系の何かにキマってる人がワーワーと騒いでいるだけ」に見えなくもないのだが、事実、見えているのだから仕方ない。

感想としては、とにかくスゴかった。それしか言えない。最初から……レースが始まる前、そもそもタイトル画面の時点で、とんでもなくスゴかった。プレイ動画を確認すると、私の第一声は「いきなりかよ〜!」だった。しかし、いきなりだった。

VR対応じゃなくてもスゴかった『Wipeout Omega Collection』だが、VR対応になったらもう、スゴいなんてもんじゃない。圧倒的にケタ違い。その世界に、私はいた。「反重力」が当たり前になっている2048年、Wipeoutの世界に、私はいた。

今まで10本以上のPSVRゲームをプレイしてきたが、今回のVR対応『Wipeout Omega Collection』で受けた衝撃は、初めて『Rez Infinite』をプレイした時とタメ張るレベル。無料の追加アップデートでここまで変わるとは思わなかった。

とにかく最高。浮遊感ハンパないし、すでに何度も走り込んだコースの世界に、完全に私は入り込んでいた。気持ち的に入り込んでいるだけでなく、もう「完全に入り込んでいた」といっても過言ではないくらいにWipeoutの世界にいる感覚だった。

レース後、思わず、観客たちに手を振った。1996年から愛し続けたゲームの中に、ついに私は入り込んだ。感動。とにかく感動。率直な感想は感動。それしかない。

もしもPSVRを持っている人、ならびに、これまで『Wipeout』シリーズにハマったことのある人であれば、ぜひとも本作を体験してほしい。私は心から思った、「生きててよかった」と。熱すぎて申し訳ない。最後まで読んでくれてありがとう。

参考リンク:PlayStation BlogWipeout Omega CollectionPlayStation StoreSocial Game Info
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です