スマホゲーム『荒野行動』のヘビープレイヤーが『フォートナイト』をプレイしてみた結果!

2017年3月に、100人対戦バトルロワイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(通称:PUBG)がPC版で登場して以降、ゲーム業界では同種の作品が人気を博している。スマホアプリではNetEaseの『荒野行動(Knives Out)』が先行しており、PUBGはパイオニアでありながら、遅れをとっている状況だ。

そんななか、エピックゲームズのスマホ版『フォートナイト』が2018年3月末に登場した。このゲームも100人対戦バトルロワイヤルゲームなので、荒野行動のヘビープレイヤーだった私(佐藤)も早速インストールしてプレイしてみたのだが……。

・100人対戦で1人になるまで戦う

フォートナイトの話の前に、少しだけPUGBならびに荒野行動について説明しておこう。ゲームの内容はとてもシンプルで、同一のフィールドに降り立ったプレイヤー100人が、武器を集めながら、最後の1人になるまで戦い続ける……まさに「100人対戦バトルロワイヤルゲーム」というわけだ。

スマホでしかゲームをしない私が、そんな荒野行動を始めるのは自然なことだった。PUBGをやりたくても日本ではアプリがリリースされていないからである。PUBGの代わりとなるのが荒野行動だった。

だがつい先日、荒野行動は本家のPUBG(PUBG corp.)に提訴されてしまった。現在もプレイすることはできるのだが、先行きは不透明。荒野行動を運営するNetEase社は徹底抗戦の構えを見せているものの、将来的にどうなるのかはわからない。

・フォートナイトのスマホ版登場

そんななか、それまで招待制だったフォートナイトのスマホ版(現在iOSのみ)がリリースされたので、さっそくプレイしてみることにした。

このゲームもおおむね他の2作品と内容は同じ、100人対戦で1人になるまで戦うというものだ。しかし他の2作品と大きく異なる点がひとつある。それは、フィールドで獲得した資材をもとにして「クラフト」を行うことができるのだ。

・クラフトとは

クラフトすることにより、壁を作って他のプレイヤーの銃弾を防いだり、階段を作って高所に移動することが可能となる。最後は自分の作った建物に籠城して、他のプレイヤーとの駆け引きを繰り広げることになるというのだが……

クラフトが全然理解できない……。

荒野行動で培った経験がまったく生かされないのである。資材を獲得していくところまではわかるのに、その使い方がわからない。敵がどこにいるのかもわからないし、どこから攻撃されたのかもわからない。

クラフトに手こずっている間に どこからか銃弾が飛んできて、アッサリと倒されてしまうのだ。クラフトでうろたえるくらいなら、何も作る必要ないんじゃないの? そもそもクラフトって不要なんじゃない? ……なんて愚痴ってる間にも撃たれて死んだ。

おそらくのところ、クラフトに順応しないと勝てない世界。これはもう、PUBGの公式アプリが出るのを待つしかないのか。それとも、フォートナイトのクラフト要素をいち早く理解すべきなのか。それとも荒野行動と運命を共にするべきか……明日はどっちだ?

参考リンク:フォートナイト荒野行動PUBG
Report:佐藤英典
Screenshot:iOS


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です