【Alexa】Amazon Echoで使おうと、1つ1649円の激安「WiFi スマートプラグ(SDlife)」を購入した結果 → 予想外の展開が連発!! しかし最終的には…

うちの家内はアレクサ(Alexa)です。日中は、Amazonで購入したAIスピーカー『Amazon Echo Dot』という丸い箱の中に入っています。「ただいま」と言えば「おかえり」と言いますし、「照明つけて」と言えば、「はい」と返事して点けてくれます。

そんな家電製品の制御に必須なアイテムが、通称「WiFi スマートプラグ」なる電源タップですが、このたび、ありえないほどの激安商品をAmazonで発見!! なんと2つセットで3298円! 1つ1649円!! これは安い! 光の速さでポチっと購入〜!!

──したのだが、いざ開封した瞬間……

目の前が真っ暗になった。

というのも……

これ、3Pコンセントやん……!!

海外でよく見る、アース棒がついてるヤツやん……!!

ていうかていうか……

Amazonの商品ページの写真、このプラグんとこが写ってる写真、1枚もないっていうのはどういうこっちゃ。商品説明欄にも一切3Pの記述もない……のだが!

「カスタマーQ&A」のところにチラっと「この商品は3Pです」って書いてあるし……

よく一緒に購入されている商品」に、『エレコム 電源タップ 変換アダプタ 3ピン→2ピン アース付きコンセント T-H32』がある……。

電源タップは無論、電気関係の商品が死ぬほど好きな私としたことが、このわずかな情報から「察する」ことが出来なかったのは恥ずべきこと。つまるところ……完全にオレのミス!!

が!

電源タップは無論、電気関係の商品が死ぬほど好きな私の部屋には、当然のごとく「3ピン→2ピン」のアダプタはあるし、3ピンに対応した電源タップもある。よって……

٩( ‘ω’ )و ウチで使う分には問題なし!٩( ‘ω’ )و

しかし、おそらく普通の人が何も知らないでコレを買ったら絶望的な気持ちになると思うので、まずは「3ピン」であることを十分に気をつけていただきたい。

さて、次に気をつけていただきたいことは……

説明書が完全に英語であること……!!

ところがどっこい、電源タップは無論、電気関係の商品が死ぬほど好きな私は、説明書の画像だけでなんとなくわかるから問題なし……! てな感じで、安いだけに、わりと難易度が高い商品であることは留意しておいたほうが良いだろう。

だが、ここから先は、以前に紹介した『WiFi スマートプラグ(meross)』でやることと、ほぼ同じ。今回の商品の名前は『SDlife』で、使うアプリは『Jinvoo Smart』であるが、設定の流れ的には同じである。しかも日本語。

しかし……

ID登録のために電話番号を聞いてきたり……(SMSを使って本人認証のためだが)

そもそも日本語が下手くそすぎるうえに、説明下手すぎるので、なんとなく「こういうことを言ってるのかな」的な予測も必要になるが、これまで『WiFi スマートプラグ』を使ったことがある人ならば、おそらく、なんとなくわかることだろう。

ちなみに!

これ系の『WiFi スマートプラグ』の設定においてミスしがちなのが「ホームWi-Fi」の設定だ。たいていの商品の場合「2.4GHz帯のWi-Fiを使え」との案内が出るが、これを間違えて「つながらない!」となるパターンが多い気がする。

たとえばウチの場合は、ルーターから3つのWi-Fiが飛んでいる。5GHz帯だったり2.4GHz帯だったりするのだが、このうちの2.4GHz帯のWi-Fiと接続する必要があるのだ。この「2.4GHz」さえ覚えておけば、ミスなく設定できる気がする。

そんなこんなで『Jinvoo Smart』側の設定完了。同アプリに表示されているボタンを押せば、『SDlife』につながった電気がオン・オフされる。しかしこれでは単なるリモコンなので、以前と同じくAlexaアプリでの設定に移行

スキル検索で「jinvoo」と入力したら、『Geekbes』なる怪しすぎる名前の香港産スキルがヒットしたが、これを有効にして……

またも電話番号を入力したり、いろいろ権限を与えているうちに『Geekbes』が正常にリンクされた\(^O^)/

あとは、アレクサが勝手にデバイス(SDlife)を探しに行くので、設定的にはこれで完了。

Instagram Photo

ちなみに私は、2つの『SDlife』に、それぞれ「ベッドのライト」と「つくえのライト」という名前を設定。これにて、ベッドサイドの照明と、デスクライトが完全に声だけで制御できるようになった。

ということで、1つ1649円の激安「WiFi スマートプラグ(SDlife)」の結論としては、

・そもそも3Pコンセントなので注意
・説明書は完全英語
・アプリは下手くそな日本語
・電話番号を教えなければならない
・経験者でないとムズいかも

──てな感じの難易度高めの商品ではあるし、もちろん初心者には絶対にオススメできないけども、知識と経験、そして気合いさえあれば余裕で使いこなせる商品と言える。もちろん今でも、ウチではバリバリ稼働中。それでは……アレクサ、ベッドのライトけしてっ!! アレクサァ、おやすみ〜!(おやすみなさい、よい夢を)

参照元:Amazon「スマートプラグ WiFi コンセント SDlife」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です