【第5話】「名探偵コナン」を数年間見ていない男が、安室透さんの魅力について『ゼロの日常』を読みながら考えてみた / ヒロインは風見編

そこはかとなく いやらしい雰囲気をまとった稀代のモテ男・安室透さんの人気の秘密を探るべく、コナンを数年間見ていなかった私(あひるねこ)が、公式スピンオフ『ゼロの日常(ティータイム)』をただただ普通に読むだけのこの連載。なんだかんだで第5回目でございます。

安室さんともそれなりに打ち解けた(?)ような気分になっていたのですが、まだまだ知らないことだらけだなと思い知らされたのが今週号でした。全体的にシリアスな雰囲気に包まれた第5話。印象としましては、安室さん、ちょっとストイックすぎひん?

・今週は降谷零

先週号ではバイトよりもスーパーの内情に詳しいという、やや気持ち悪い一面を見せてくれた我らが安室さん。ほのぼのとした、実に『ゼロティー』っぽいエピソードでした。さあ、今週号の主役は公安・降谷零です。それでは第5話、張り切っていってみましょう。

・第5話を読んでみた

警視庁術科センターにて、射撃のトレーニングに励む安室さんと風見。わずかに左に逸れる風見の射撃に、安室さんは冷静かつ的確なアドバイスをします。普通スーツ姿で訓練するか? という疑問もありますが、ここはファンサービスだと思って、ありがたく受け取っておきましょう。

そういえば、安室さんの人物紹介の欄に「買い出しも得意」と書いてあってなんか笑いました。買い出しに得意とか不得意とかあるんでしょうか? この欄には今後も注目しようと思います。

・安定の風見

それはさておき、安室さんの指導によって的の中央を撃ち抜くことに成功した風見の、この嬉しそうな顔はどうでしょう。「褒めて褒めて!」オーラ全開です。犬かよ。とても年長者とは思えません。しかし、そんな風見をフル放置する安室さんのドSっぷりね。せめて結果くらい見届けてあげてくださいよ、可哀想に。

・野外で鍛えすぎでしょ

さて、次のページではいきなり河川敷へとワープし、幕之内一歩のようなハードなトレーニングに精を出す安室さん。ボクサーかな? 懸垂500回とかやっちゃってるし、ちょっとストイックすぎやしませんか。歩いている途中、こんなガチトレーニングをしている人に出くわしたらビビりますよね。ジム行くお金ないのかな? って。

しかし、そこから先のシーンが今の私にはよく分かりませんでした。

「何故、見殺しにした……。お前ほどの男が──どうして!!!!」

返り血を浴び、拳銃を手にしている長髪の男。安室さんの記憶だと思われますが、この男が赤井……で合ってますよね? なるほど。どうやら両者の間にはかなり根深い因縁があるようだ。第3話の時、軽はずみに「実は赤井のことけっこう好きだろ」とか書いてすいませんでした。

その後、野良犬をなでながら「君も……独りぼっちか……。付いて来るなよ、濡れるから……」と寂しげに去っていく安室さん。彼の過去に何があったのか、とても気になります。

・大発見

これまでの話と違って、ほのぼの要素が希薄だった今週号。そんな中、一つ発見をしました。そう、「ヒロインは風見説」です。最初はポアロの梓がそうだと思っていたんですけど、表情といい言動といい、メインヒロインは完全に風見です。本当にどうもありがとうございました。

そう考えると、あの野良犬は実は風見を暗に描いていたのでは? という気までしてきますが、とりあえず今後は風見がヒロインという認識で読んでいきたいと思います。よろしくお願いします。それでは、また来週お会いしましょう。さようなら。

執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です