【漫画】「わざとぶつかって来る男に出くわしたときの話」が話題 / ぶつかり屋がいるのは駅だけではない

最近「わざとぶつかって来る男」通称 “ぶつかり屋” が何かと話題になっている。当サイトでもこれまで何度かぶつかり屋にまつわるニュースをお伝えしてきたが、今回はさらなる注意喚起の意味も込めてぶつかり屋に関する「漫画」をご覧にいれたい。

ぶつかり屋は繁華街や駅など大勢の人の中に紛れていることが多いようだが、どうやら今回ご紹介する漫画によると「店の中」にまでぶつかり屋はいるようだ……。

・卯々乃先生の投稿

漫画を公開したのはPixivコミックに『ポチャペコ』を連載する「卯々乃(うーの)」先生だ。先生が自身のTwitter(@uuuno1112)に投稿した『昔、ぶつかり男に出くわしたときの話』は1万1000リツイート以上を記録するなど広く拡散している。

舞台は卯々乃先生が高校生の頃、行きつけの本屋での話。1人のぶつかり男に当たられてからすべては始まる。最初は「偶然かな?」と思っていたものの、短時間の間に何度か当たられすっかり怖くなったという卯々乃先生。

それによるパニックや、恐怖に取り乱す様子が赤裸々に描かれている。詳細はぜひご自身の目でご確認いただきたいが、男性から付け回された挙句、実際に何度もぶつかって来られて恐怖を感じない女性はいないだろう。なんとも卑劣な男である。




また、先生は後日談も公開しているからそちらもぜひご覧になっていただきたい。冒頭でもお伝えした通り、漫画によるとぶつかり男は繁華街だけにいるわけではなく、あらゆる場所に紛れている可能性がある。そして何より大勢の人が「そういうヤツがいる」と認識することが、ぶつかり屋の抑止力にもなるハズだ。

参照元:Twitter @uuuno1112
マンガ:卯々乃 , used with permission.
執筆:P.K.サンジュン


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です