超軟体お兄さんがキモ怖スゴすぎる!! 『エクソシスト』ばりのパフォーマンスに全米が阿鼻叫喚!


身体が柔らかい生き物といったら、何を想像するだろうか? まず「人間」と答える人はいないだろう。しかし、そんな概念を覆すかもしれない動画がアメリカから届いたのでご紹介したい。

出演者はトロイ・ジェイムズ(Troy James)さんで、普段は人事の仕事をしているとのこと。お堅そうなイメージの職業とは裏腹にとんでもない軟体ボディを持ったお兄さんである。

・エクソシストもびっくりの軟体さ

そんな彼のパフォーマンスは、動画「Troy James Terrifies Judges With Chilling Contortion – America’s Got Talent 2018」でご覧いただける。ちょっと普通では考えられない身体の動きを余すことなく披露している。

曲がかかりパフォーマンスが始まると、両腕を背中側で交差させ両手で腰をつかむ軟体ポジションを披露。会場にどよめきが広がるのを尻目に、頭から地面に向かって背中を反らせていく。まさかこれは……!

『エクソシスト』の階段を降りるシーンのアレだぁぁぁぁぁ! オーマイゴッド!! トンデモ体勢に会場中から驚きの声が上がる中、次々と変態ポジションを披露するジェイムズさん。

え、今ボディが180°くらい回転しませんでした!? 彼の関節は一体どうなってるんだ……? ありえない方向に曲がる姿に目を伏せてしまう観客が続出。審査員もドン引きの表情を浮かべる。

・怖いけどマジでスゴい

だがまだまだ終わらない。ブリッジをしながら舞台を移動し、そのまま階段を降りて観客席に突入! あちらこちらから悲鳴が上がり、会場が異様な空気に包まれる。キレッキレの動きで観客をびっくりさせたのも束の間、審査員席に近づきこれでもかと軟体をアピール!

それが終わると舞台上に戻っていくのだが、その時の動きが本当にキモい! 怖い! でもスゴい!! 逆四つん這い姿でカサカサと素早く動くさまには……己の目を疑ってしまうだろう。

・百聞は一見にしかず

フィニッシュは床と一体化した超軟体ポジションで締め、最後まで会場を沸かせたジェイムズさん。あまりの身体の柔らかさに頭を抱えてしまう審査員、恐怖で顔を覆ってしまう人、驚きのあまり笑ってしまう人、反応はそれぞれだ。

ともかく、百聞は一見にしかずである。ぜひ一度その目で確かめていただければ幸いだ。

参照元:YouTube
執筆:Yugamin


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です