【100均検証】アイコスのフタがバカになって輪ゴムを巻いている人におくる「100円グッズで壊れたアイコスチャージャーを直す方法」

今回の100均検証は、かなり限られた人に向けての内容となっている。スマン! どんな人向けの記事かというと……「アイコスのフタがバカになって輪ゴムを巻いている人」である。具体的にはチャージャーのツメが壊れてしまった人、だ。

というのも、私のアイコス(のチャージャー)も数カ月前に壊れた。正直「ふざけんな」と言いたいところだが、輪ゴムを巻いてシノいでいた……が! もっと良い方法を思いついてしまったのだ。しかもコストは……100円である。

なぜこの方法を考えたのかというと、「輪ゴムを巻いていたはずなのに、巻きがユルかったのか、ホルダーを取り出したら “まだチャージできてませんの赤ランプ” が表示されることが多発して発狂しそうになった(発狂した)から」である。

ご存知の通り、アイコスのホルダーは、フタが「ビシッ」と閉まっていないと充電されない仕組みになっている。少しでも隙間があると、ヤツは「そんなんじゃ充電できましぇーん」とストライキをカマすのである。まったくもってふざけている。

人に例えるならば、「ンッ」と口を閉めていないと充電されない。アホみたいに口を半開きにしていたら充電されないのだ。本当にふざけた野郎である。

そうとも知らず、「絶対に充電されているな」と確信してから、輪ゴムを外して、ホルダーをニュッと抜いたら……

まだで〜〜〜す

ふざけている。この「いろいろやってからホルダーを抜いた時に見える赤ランプ」ほど人間のことをナメた光はないってくらいにフザケている。いまこの原稿を書いている指も、怒りでプルプルと震えている。それほど腹立つ赤ランプなのだ。

でも……

いつぞやかも報じた、100円の『アイコス用シリコンケース(キャンドゥで購入)』を使えば、なんとかなるかも新米。ちなみに今回は、ダイソーで購入した「ダイソー印のシリコンケース」を使用した。

やり方はチョー簡単。

まずは普通に、シリコンケースを装着する。

次に、ティッシュを用意しまして……

チリリッ……と帯状に切りまして……

たたんで、丸めて……

チャージャーのフタ裏に詰める!

そしてフタをすると……

ティッシュの厚みで閉まらない……が!

そこを、シリコンケースでスポッとかぶせれば……

\(^O^)/ 充電できる \(^O^)/

そう! この裏技は、“たとえフタがきちんと閉まっていなくても、ホルダーをグイッと下方向に押し付けていれば充電される” という特性を逆手に取った、掟破りの「半開き充電」! こんなフザケたチャージャー野郎、半開きで十分だ!!

ちなみに、吸っては「半開き充電」でチャージして……を1箱ぶん(20本)ほど繰り返してみたが、ちゃーんと充電できている。輪ゴムを外して〜の時よりも、ぜんぜんラクだ。メチャ快適だ!

なお、おそらく何度もやっていたら、そのうちティッシュが圧縮されて、“下方向へ押し付ける力” が弱くなり、また充電できなくなると予想される。その時は、ティッシュを追加するなどして微調整するとヨロシ。「壊れたァ〜(泣)」とゴミ箱へポイする前に、この復活法を試してみるのも一興だぞ。なにせ元から壊れているし、失敗しても100円だ。

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です