【戦士のグルメ】マサイ流「牛脂」の楽しみ方 / マサイ通信:第190回

スパ! いつぞやか、オレたちの「牛会(牛パーティー)」のことを紹介したよな。ウシさんを1頭まるまるシメてみんなで食うという、日本で言うところの焼き肉パーティーみたいなものだ。で、生血を飲むって教えたよな。

つーことで今回は、血以外の楽しみ方を教えよう。肉は当たり前だから省略で、骨も「牛骨スープ」として使っちゃうし、皮はカーペットになるって教えたよな。となると残るは……そう、脂だ。日本語で言うところの牛脂(ぎゅうし)だな。

オレたちマサイ族は、牛を捌く時に、脂は必ず残しておく。ひとつのナベに丁寧に入れておくわけだ。そして、たくさんの脂が集まったところで火にかけると……

いいニオイがする!!

まず、ここで1回楽しむ。「ああ〜、いいニオイ〜」ってな。この牛脂を温めた時の匂いに関しては、日本のみんなも「すき焼き」を作る時に体験してるだろ。それと同じだ。食欲をそそる良いニオイ〜\(^O^)/ ってな。それを楽しむ。

でもって、かき混ぜながら温め続けると……溶けるわな。つまるところオイル(油)になる。それをどうするのかっつーと、コップとか小鍋に入れて……

そのまま飲む!

これな、ウマくはない。間違っても「うめええ!」なんて口が裂けても言えない。てゆーか、まずい。塩もコショーもしてない純度100%の牛脂オイルなわけで、マジで「うまくない」としか言いようがないんだけど、なぜ飲むのかっつーと……

健康のためだ。

マサイ族の間にはな、牛の油を飲むと健康になるって言い伝えがあってな。暖かい牛の油を飲むと体から毒素が消えるとも言われている。もちろん科学的な根拠はないんだけども、「インチキ健康法だ!」なんてクソくだらないクレームはカンベンな。オレたち、マジで信じて実践してるから。それが歴史だから。ではオレセリ!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です