【100均検証】軽自動車の両サイドをダイソーの「リメイクシート」でウッドパネル風にしてみた結果…

誰にでも「憧れの車」があるはず。でも、よほどのお金持ちでない限り、憧れの車には乗れていないのでは? 多くの人は少しの妥協や我慢をしながらカーライフを楽しんでいるはず。私もそう。だって愛車は980円の軽自動車なんだぜ。

そんな私の憧れの車は……何台かあるのだが、その中のひとつがジープの「グランドワゴニア」である。車の両サイドが木目調(ウッドパネル)になっている激シブ仕様で実にカッコイイのだ……。ということで、100円グッズで再現してみた。

用意したのはダイソーで売っている「リメイクシート(200cm x 15cm)」を3枚と、ガムテープ(クラフトテープ)1巻のみ。よって改造費は400円だ。

まずやるべきことは……

フォード「シェルビー・マスタング GT350H」風に入れたサイドのライン(ガムテープ)を剥がすこと。デザイン的に気に入っていたが、致し方ない。

そしてリメイクシートを……

貼る!

最後に、ウッドパネルの「ワク」的な部分に……

ガムテープを貼れば……

どう見てもウッドパネル!

どう見てもグランドワゴニア!

完全に一致!!

ということで、いとも簡単にレーシング仕様の三菱ミニカが、高級感あふれるウッドパネルのグランドワゴニアに……なる予定だったのだが、やはり冷静に見つめ直すと──

どうにもこうにも貧乏くさい。

作業を傍らで見守っていた母親からも、「それ、木目に見えないよ」と言われる始末。う〜ん、今回はちょっと失敗だったかなァ……。やっぱり高級感を醸し出すには、高級な材料を使わなきゃ厳しそう。でもまあ、400円ぶんは楽しめたゾ!

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証」、「ミニカ物語


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です