「あ、これ車のホイールキャップになるんじゃね…」と思ったアルミ製品があったので、そのまま付けてみた結果

これまでいくつかの車改造ネタを執筆・公開してきたが、何人かの読者の方から「次はホイールですね」との言葉をいただいた。なるほど。たしかに。ホイールキャップには気が回っていなかった……というより、私は「鉄チンホイール(スチールホイール)」が好きなので、このままで良いと思っていた……のだが!

あるとき、ショップで「ソレ」を見た時、「あ、これ車のホイールキャップになるんじゃね……?」と思ってしまった。それからだ。地道な研究が始まったのは。

「ソレ」とはズバリ、通称『アルミ鍋』である。いろいろ購入し、試してみた。たとえば100円ショップのアルミ鍋なんて、ほぼすべて試した。100均検証』のネタにしたかったからだ。しかし……

小さかったり……

横にボコっと出ちゃったり……

なかなか「これだ!」と思うアルミホイールに出会えなかったのである。だがしかし!

ある時、ホームセンターの「カインズ」に行った時、ついに……ついに「これだ!」と思えるアルミホイール(鍋)を見つけてしまったのである。しかもブランド品。それこそが……

キャプテンスタッグの『アルミ バーベキュー 深型プレート28.5cm 2枚組』である。

なんとまさかのキャプテンスタッグ。我が愛車、三菱ミニカが一気にアウトドア仕様になる予感もする「キャプテンスタッグ」のアルミホイールだ。

ためしに添えてみると……

ジャスト……!!

はみ出しも、なし!!

しかし、そのままでは付かない。多少のカスタマイズが必要だ。まずはタイヤの空気をいれるところ用の隙間を……

ハサミで切り込みを入れて作る。

そして強力な両面テープを貼って……

位置をあわせて……

合体……!!

違和感なし……

完全になし……!!

はみ出しもナシ……!!

遠目から見たら、誰がどう見たってアルミホイールだと思うはず……!

しかしこれは超有名ブランド……

キャプテンスタッグの……

アルミホイール(丸皿)……!!

──とひとりで楽しんでいたのだが、様子を見に来た母がソッコーで「鍋焼うどんの皿じゃんそれ」と見破っていたので、実戦配備するのはやめておいた。また、なまじ強力な両面テープで付けてしまったので剥がすのに苦労した。

しかし今回の改造で再確認できた。やはりミニカには鉄チンホイールがよく似合うと。キャップはつけない。タイヤのホイールは、このままで、いく。

Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です