まるでフレンチ! オマール海老を使った『エビつけ麺』が濃厚で激ウマ!! 札幌市白石区「蝉吟(せんぎん)」

ラーメン激戦区の札幌では、続々と新店がオープンしている。もう、ひと通りのジャンルは出尽くした頃か……と思いきや、個性的なラーメンはまだまだ誕生して止まないようだ。それにしても、ラーメンとはなんと奥深くバリエーション豊かな料理だろうか。

今回ご紹介するのは、まるで高級洋食レストランのように洗練された麺料理が食べられる店「蝉吟(せんぎん)」である。見た目のみならず、味も良い意味でインパクト大。いま、札幌で注目を浴びている店のひとつだ。

・人気の「エビつけ麺」と「フライドオニオン入りパン」を注文

札幌駅から車で約25分、地下鉄の南郷7丁目駅からは徒歩約10分のところにある「蝉吟」。落ち着いた店構えで、ひと昔前のラーメン屋とは違ったオシャレな雰囲気が漂う。開店時間の約10分前に店に着いたところ行列はなく、開店後1番乗りで席に座ることができた。

ラーメンを食べようとしていた筆者だったが、同店人気の『エビつけ麺・オマール海老の冷たいソースで(780円)』とつけ麺の人だけが頼める『フライドオニオン入りパン(100円)』が気になったのでそちらを注文。ていうかオマール海老ってフランス料理とかで使われる高級素材じゃなかったっけ……。そんな考えごとをしているうちに料理がきた。

こ、これは!?

めっちゃシャレてるぅーーーッ!!

──と叫んでしまいそうなほど、とんでもなくシャレたつけ麺が目の前に運ばれてきた。ツヤのある白みがかった麺の横には、ネギや西洋野菜のトレビス、そして鶏肉などが添えられていながら……

ソースにトッピングはなく、超シンプル。

メリハリがあって、とてもイイ感じだ。

さっそく麺をソースに浸して食べてみると……コシがあって喉越し豊かな麺に濃厚かつまろやかなオマール海老のソースが絡んでメチャウマ! 凝縮された海老の旨みを感じさせながらも雑味無く洗練された味わいは、もはや “つけ麺のソース” という言葉だけでは収まりきれない。

これがパンに合わないハズがないので、スープに浸して食べてみたところやっぱり絶品! 近年ブームの「海老のビスク」なんかがお好きな方は、味覚にバッチリフィットすること間違いなしの仕上がりといえよう。

上質なソースと麺が味わえるつけ麺とパンがセットで880円とは高コスパ、大満足である。食べ終わった後、店内を見渡せば超満席。この「蝉吟」きっと今後、さらに忙しい店になるぞ〜。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 蝉吟 (せんぎん)
住所 北海道札幌市白石区本郷通9北4−26
時間 平日ランチ11:300~14:30 / 平日ディナー17:30~21:30
休日 火曜

Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「北海道ラーメン探訪


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です