『スター・ウォーズ』エピソード9で起こると分かっていること&起こりそうなこと6つ 「レイア姫が未使用映像でカムバック」など

最近、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や『ハン・ソロ』といったスピンオフ映画が登場し、次なる関連作品の製作も続々と発表されている『スター・ウォーズ』シリーズ。

しかし、なんといっても重要なのは正史にあたるオリジナル3部作の前後の物語だ。次作は『エピソード9』なのだが、全米公開予定は2019年12月とまだまだ先は長い。待てない人も多いと思われるので、今回は最新作で起こると分かっていること&起こりそうなこと6つを紹介することにしたい。(※本記事はネタばれを含むのでご注意を!)

・『エピソード9』で起こると分かっていること

【レイア姫が未使用映像でカムバック】
2016年12月27日、『スター・ウォーズ』シリーズでレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーが心臓発作で逝去。享年60という早すぎる死は、世界中のファンに大きなショックを与えた。しかし『エピソード9』では、すでに撮影済みのキャリーの未使用映像を使用し、レイア姫がカムバックすることが分かっている。

【ランド・カルリジアン男爵が再登場】
ランドはハン・ソロの悪友にして密輸業者というキャラクターで、エピソード5にあたる『帝国の逆襲』と続編『ジェダイの帰還』に登場した。

かねてから『エピソード9』に、ランドを演じるビリー・ディー・ウィリアムズが再出演するのではないかとささやかれていたが、正式にカムバックが決定! おそらくハン・ソロの死を知ったランドが、なんらかの形でレジスタンスに加わるのではないかと思われる。

・『エピソード9』で起こりそうなこと

【ルーク・スカイウォーカーがフォースで復活】
前作『最後のジェダイ』でルーク・スカイウォーカーは命を落としてしまった。しかし、今までにオビ=ワン・ケノービがフォースの霊体として現れたように、ルークもフォースで復活するのではないかと見られている。

ちなみに、演じるマーク・ハミルの『エピソード9』への出演が確定していることから、霊体や回想シーンなど、どのような形であってもルークが登場するのは間違いない。

【レイ&フィン、ローズが三角関係に!?】
『フォースの覚醒』で、主人公レイと元ストームトルーパーのフィンが意識し合っていたのは確か。だが『最後のジェダイ』では、レイがいない間に一緒に行動を共にしていたフィンと新キャラクターのローズがイイ感じになった。よって『エピソード9』では、レイ&フィン&ローズが三角関係に陥る展開は大いにアリそうである。

【ポーがレジスタンスのリーダーに】
『最後のジェダイ』ではレジスタンスで指揮を執っていたホルド中将が死に、そのうえ『エピソード9』でレイア姫も命を落とすかもしれない。そうなるとレジスタンスには新リーダーが必要となるが、最有力候補は前作で指揮官になる術を2人から学んでいたポー・ダメロンで、他に適任者は想像できない。

【レン騎士団が登場する】
『フォースの覚醒』でレイのヴィジョンにチラっと現れたレン騎士団が、『最後のジェダイ』に登場するのではないか……そうささやかれていたが、結局描かれずに終わった。

レン騎士団とはファースト・オーダーと手を組み、レジスタンスとの戦いに加わっていたグループ。『最後のジェダイ』でジェダイ寺院からカイロ・レンと弟子たちが逃げ出した過去が明らかになり、彼らがレン騎士団を結成したと考えられるため、『エピソード9』に登場する可能性は高そうだ。

現在撮影中の『エピソード9』は、おそらく日本もアメリカとほぼ同時公開になるのではないかと思われる。それまでに『フォースの覚醒』と『最後のジェダイ』を見て、しっかり予習するのを忘れないでおこう。

執筆:Nekolas
イラスト:稲葉翔子


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です