【異変】レシート買取アプリ「ONE」また更新! 残高でチケットを購入できる機能を実装して何だか様子が変わったような?

画期的なレシート買取サービスとして話題になったものの、たった1日でその夢のサービスが機能不全を起こしてしまった「ONE」。こっそりと画像買取サービスに鞍替えして、アプリのアップデートを繰り返していたのだが、最新の更新で少々様子が変わってきた。

これまで買取画像のバリエーションが増えるばかりだったが、ユーザーの残高の使い道が、「引き出し」だけではなくなったのだ。アプリ内に「チケット」という項目が追加され、残高でさまざまな企業のサービスチケットと交換できるようになっている。これは……。

・「ONE TICKET」

ONEは2018年6月12日にリリースされた後に、どんなレシートでも買い取ることを謳いながらも、サービスがまともに利用できたのは1日だけだった。そこからアップデートを繰り返しながら、キャンペーン対象の特定の画像だけを買い取るサービスに変更しつつ現在に至っている。

元のようにどんなレシートでも買い取って欲しいと願うユーザーからは、苦情の声が相次いでいた。それが最新アップデートで、残高をチケットと交換できる仕様になったのだ。これを「ONE TICKET」と呼ぶそうだ。

・さまざまな企業のチケットと交換

更新してアプリを開くと、ホームに新しい項目のチケットが追加されている。

開いてみると、大手企業のチケットがズラリと並んでいる。ローソンは32円でブラックサンダーと交換。コカ・コーラは「Coke ON」アプリでジョージア1本と交換できるドリンクチケットを。

サーティワンアイスクリームはレギュラーシングル券(390円)と500円のギフト券。上島珈琲店は500円のギフト券と交換。

このほかに、ドン・キホーテ、レコチョク、ピーチ・ジョン、日比谷花壇の企業名が並んでおり、それぞれのサービスチケットとONEの残高を交換できる仕組みだ。なお、チケットの利用は各企業の項目を確認する必要がある。チケットの使用方法はそれぞれ異なるので、注意事項を良く読んで利用する必要があるだろう

・新しい可能性

こうなると、少し様子が変わってくる。これまで買取レシートはキャンペーン対象である必要があった。リリース当初は何でも良かったが、それが制限されたことでユーザーの不満となった。だが、ONE TICKETの導入により、限られた画像の買取であっても、他のチケットに交換できるようになれば、甘んじて特定の画像を撮影して送ろうかなという気にもなる。

たとえば、現在(2018年9月10日)キャンペーン実施中のクラフトビールのレシート(10~50円)が、コカ・コーラのドリンクに変わったり、サーティワンのアイスに変わるとなれば、撮影しようかなという気持ちも出てくるかもしれない。

・残高が貯まらない……

しかしながら、多くの買取画像が1日1枚限定で1ユーザー1枚限定。500円のギフト券をゲットするために、残高を貯めようと思うと、画像1枚50円の買取だった場合、少なく見積もっても10日かかってしまう。そこまでして500円のギフト券を手に入れようと思うかは微妙なところだ。

ただ、これまでよりも大きな可能性を示すアップデートであることは事実。今後、意外な方向に進化を遂げるかもしれない。

参照元:Twitter @ONEbyOF
Report:佐藤英典
Screenshot:iOS「ONE」


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です