死を前にした男性の願いを叶えるために救急隊員がマクドナルドへ →「最後の晩餐」を食べる男性の姿にネット民も涙

好きな食べ物を選べるとしたら、何が食べたい? 死に瀕したときにそう聞かれたら、あなたはなんと答えるだろうか? ある男性も、救急隊員からこの質問を投げかけられた。

男性がマクドナルドの製品の名をあげると、救急隊員はすぐさま店へ直行した……。

2018年9月、豪クイーンズランドの救急サービスが、ガン患者であるロン・マッカートニーさんを病院へ搬送した。終末期の緩和ケアを受けるために病院へ向かうロンさんは、二度と家に帰ることがない状態だったという。

彼とともに救急車に乗っていたのが、救急隊員のケイト・ハナフィさんとハンナ・ホズウェルさんだ。ロンさんが2日間何も食べていないことを知った2人は、彼に「好きな食べ物を選べるとしたら、何が食べたいですか?」と問いかけた。ロンさんと妻シャロンさんはニッコリ微笑むと、口を揃えてこう答えたそうだ。

マクドナルドのキャラメルサンデー

そこで救急車は、街のマクドナルドへ向かった。車高が高すぎてドライブスルーに入れなかったため、ハナフィさんが店へ出向いてキャラメルサンデーを購入。救急車内で待つロンさんに手渡した。

Instagram Photo

ロンさんがキャラメルサンデーを食べる写真は、同救急サービスのSNSに投稿されているが、その表情はとても穏やかだ。

ハナフィさんは、豪メディア『Brisbane Times』に対して、当時の様子を次のように話している。

「ロンさんは大変喜んでいました。顔やシャツにアイスクリームを盛大につけ、とびっきりの笑顔を浮かべながら食べていました。ロンさんの様子を見たシャロンさんは、嬉しさのあまり涙ぐんでいました」

このような優しさに触れれば、誰だって笑顔になったり、涙ぐんだりしてしまうだろう。だが、当救急サービスにとっては「珍しい行為」ではないようだ。ハナフィさんは「救急隊員はいつだって同様のことを行っています。初めて会った人に対しても、要求されている以上の献身的な対応を取るようにしています」と述べている。

・ロンさんの娘「父が自力で食べられた最後のもの」

2001年に前立腺ガンだと診断されたロンさんは、最近はマクドナルドのキャラメルサンデーばかりを食べていたそうだ。娘のダニエラさんは「父がキャラメルサンデーを拒んだことはありません」と振り返る。

写真が撮られた数日後にロンさんは亡くなったと伝えられている。ダニエラさんは「父はキャラメルサンデーが食べられたことをとても喜んでいました。父が自分の力で食べられた最後のものでした」と語っている。

ロンさんの写真は、SNS上でも注目を集めている。彼の穏やかな姿に涙したというコメントや、救急隊員の対応への賞賛が寄せられているのだった。

参照元:Instagram @qldambulanceFacebookBrisbane Times(英語)
執筆:小千谷サチ


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です