【100均検証】ダイソーのブルーシートで「クロマキー合成」はできるのか? → できる!

実際は空を飛んでいないのに空を飛んでいるように見せたり、実際はそこにいないのにいるように見せたり……そんな映像技術を「クロマキー合成」という。よくニュースの天気予報などでも登場する技術だ。あとは昔の特撮。

ざっくり仕組みを説明すると、青や緑が透明になるので、別の映像と合わせれば……ハイ、合成映像の一丁上がり! というわけだ。そんなクロマキー合成を、たったの100円で実現してしまおうというのが今回のテーマである。

用意するのは、ダイソーで購入したブルーシート『ブルーレジャーシート』と、パソコン「Mac」に標準で入っている映像編集ソフト『iMovie』だけだ。もちろん、動画が撮れるカメラも必要になるが、スマホで十分だろう。それではさっそく……

まずは特撮スタジオを作ろう。

ブルーシートを壁に貼るだけで完成だ。

ちなみにこちらのブルーシートはタタミ2畳ぶん(1.8m x 1.8m)の大きさしかないので、より本格的にクロマキー合成をしてみたい人は、2枚3枚くらい用意しておくと良いだろう。ちなみに私は1枚だけで勝負した。

続いては「素材」の撮影。ブルーシートをバックに動きまくろう。つい先日に公開した「100円の水泳帽と水中メガネ」の記事も、このスタジオで撮影した。あとは、「背景」用の映像なり写真を用意しておくことを忘れずに。

ここからは「iMovie」の作業になるが、ビックリするほど簡単だ。

まずは「背景」となる映像なり写真をタイムラインに置く。

その上に、さきほど撮影した「素材」をのせて、選択して……

画面右上の「ビデオオーバーレイ設定」から……

「グリーン/ブルースクリーン」を選択。

すると……

もう合成されてるぅぅぅ!!

あとは大きさを調整したり、

透明にする範囲を調節したり微調整すれば……

ハイ完成。めっちゃ簡単!!

もちろんクロマキー合成用の布ではないので、光の反射やシワなどが残ってしまうが、たった100円のブルーシートでも、それなりにクロマキー合成はできるのだ。

この方法をマスターしたら……

エジプトにも

アメリカにも

ベトナムにも……

そしてケニアにも……

どこにでも行けてしまう。たった100円のグッズとMacと、あとは少しのアイデアで、世界中どこでも……いや、世界どころか、

月にだって行けてしまうのだ!  Macを持っている人、これを試さない手はないだろう。もしも「連休どっか行ったの?」と聞かれたら、宇宙を旅していたと答えれば良い。ウソではない。金もかからない。こんなに楽しいことはない。JOY!

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です