【世界最速】時速460km! ロケットエンジン搭載のバイクがまるで飛んでいるかのよう

小回りが効いて使い勝手が良く、維持費も安いことで人気のバイク。レースで走っても、小型・軽量な点を活かして驚くべきスピードを発揮する。

先日、そんなバイクにロケットエンジンを搭載した「ロケットバイク」が、なんと時速約460km(286mph) を達成して世界最速記録を塗り替えたという。それではさっそく、動画で記録更新時の走りをご覧いただこう。

・2018年9月9日に英国のレース場で新記録達成

記録更新時の様子は、動画「Jet Bike || ViralHog」で見ることができる。解説によると、動画が撮影されたのは2018年9月9日。場所は英国のレース場「サンタ・ポッド・レースウェイ」とのことだ。

動画を再生すると “ロケットマン” の異名を持つライダー、エリック・テブールさんの乗るロケットバイクが登場。エリックさんは足を大きく広げ、低い姿勢でバイクにまたがっている。そして00:57あたりから本編スタートだ。

・恐るべき加速力

カウントダウンが0を刻むと同時に、バイクは「ボンッ」という音を出して発車! 「ゴォォォオオオオオーーーーー!!」と飛行機のような轟音を響かせながら一瞬でゴールするが、なんというかこれは……あまりにも速すぎる!

恐るべき加速力を持つロケットバイクは路面を走っているというより、まるで飛んでいるかのようだ。また、一瞬でここまでスピードアップするのだからライダーにはかなりの負担がかかっているに違いない。

冒頭でもお伝えした通り、同マシンは約402m(1/4 mile)のドラッグレース用コースにて時速約460kmを達成しており、ロケットバイクの世界最速記録を塗り替えている。いやはや、マシンの性能もすごいがエリックさんの実力にもあっぱれだ。

参照元:YouTube / ViralHog
執筆:K.ナガハシ


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です