【京都】オープンしたての『みっふぃー桜べーかりー』に行ってみた! 可愛らしいパンから謎なパンまで色んな「ミッフィー」に出会えるぞ

これからのシーズン、紅葉を見に行くならば京都は欠かせない。人は多いけどな……。京都の魅力は言わずもがな紅葉だけにとどまらないが、この度、また新たに興味深いスポットが誕生した。それは2018年10月3日、嵐山にオープンした「みっふぃー桜べーかりー」だ。

「和×ミッフィー」をコンセプトとしたパン屋で日本初となる試みのようだ。さっそく足を運んでみたところ、ミッフィーの可愛らしさが存分に感じられるパンはもちろん、ちょっと謎なパンまで盛りだくさんな内容だったぞ。

・ミッフィー型のデニッシュが大人気

京福電鉄嵐山駅を降りて徒歩数分の場所に店を構える「みっふぃー桜べーかりー」。入り口に置かれたミッフィー像が迎えてくれる。店内に足を踏み入れると、あちらもこちらもミッフィー一色だ。これは、ミッフィー好きであれば嬉しくてたまらないに違いない。

記者の一番目当てはミッフィーの形をしたパン “みっふぃーデニッシュ(税別500円)” だったのだが、午後4時すぎに行ったところ既に売り切れていた。オープンしたばかりということもあるだろうが、店員さんが言うには「デニッシュは午前中には完売する」とのこと。残念至極だ。

・ちょっと不思議なひじきのデニッシュ

気を取り直して、ほかの商品を購入することにしよう。 “みっふぃー福だるまパン(350円)” なんて、ピンク色のウサギ型で可愛らしいじゃないか。

しかし、ふと福だるまパンの横に目をやると……「おばんざいデニッシュ(ひじき)」が……。

この、おばんざいデニッシュ(230円)はミッフィーの頭部をかたどっているのだが、顔に当たる部分に思いきり “ひじき” が埋め込まれているのだ。ひじきの色と形が可愛らしいウサギの顔を塗りつぶすことで、何とも言えない不気味さをかもし出している気がするのは記者だけだろうか。

・食べるのにドキドキするひじきデニッシュ

店外にオーブントースターが設置されているため、その場で温めて食べることも可能だ。記者は持ち帰ってみたぞ。 “みっふぃー福だるまパン” は中に抹茶クリームがたっぷり。見た目のキュートさとは裏腹に、しっかりお腹にたまる感じだった。

そして気になる “おばんざいデニッシュ” だが……温めるとひじきの上に乗せられたチーズ溶けて洋風のような、和風のような不思議な味わいだった。いかんせん、見た目のインパクトが激しすぎて、食べている最中もドキドキしてしまった次第である。

可愛らしいだけじゃない、ミッフィーの新しい一面を垣間見たような気がする。ちなみにベーカリーだけでなく、ミッフィーづくしのショップも併設されている。ここでしか手に入らない商品も多いので、嵐山観光の際に立ち寄ってみるのも良いかもしれない。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 みっふぃー桜べーかりー
住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町20の27
時間 10:00〜18:00
休日 なし

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です