その進化は“最終型”へ。アヴェンタドールSVJ試乗



12気筒自然吸気大排気量エンジンをミッドに積む2シータースポーツ、という今や唯一無二の存在となるアヴェンタドール。その最終型ともいうべきSVJが登場した。おそらく、純粋に自然吸気12気筒を積むランボルギーニは、このシリーズが最後だろう。

Source: All about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です