【トリビア】JR東日本の駅構内にある自販機では「ふかひれスープ」が売られている

いや~寒くなってきたな。都内では、半袖で歩いている人はそろそろ少数派になりつつある。昼間はまだ暖かいものの、日が落ちると寒さが身にしみるぜ……。こういう時は、何か温まるものが飲みたくなる。

駅で電車を待っている時、ホットコーヒーなどを買う人は多いと思うが、JR東日本の駅構内にある自販機では、なんとも珍しい飲み物が売られていることをご存じだろうか? それは、なんと「ふかひれスープ」である! 駅の中で ふかひれスープが飲めちゃうのだ!!

・自販機でふかひれ

自販機でコーヒーや紅茶以外のホットドリンクというと、思い浮かぶのはコーンスープや味噌汁とか? 時期によっては、お汁粉が売られている自販機もある。秋葉原の「おでん缶」も有名だ。が、さすがに ふかひれスープは聞いたことがない。

・JRの駅で売っている

JR東日本のエキナカにある「acure(アキュア)」の自販機で販売されているというので、さっそく新宿駅へと走った。探してみると意外にないもので、しばし駅構内をウロウロする。すると、13・14番線ホームに降りる階段付近に……。

「acure」の自販機を発見! ここはホットドリンクも充実している(コールドしかない自販機もけっこうあったのだ)。さあ、本当にふかひれスープが売られているのか!? 注意して見ていくと……。

あった。

うおおおおお! コーヒーやコーンスープと並んで、「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」がたしかに売られているゥゥゥウウウ!! エキナカでふかひれスープが飲める時代か……。お値段は140円。よし、買ってみるぞ。

・高級中華の味わい

気仙沼産ふかひれ粉末を100%使用かつ、コラーゲン1000mg 配合というこの商品。缶飲料とはいえ、なかなかガチな仕上がりのようだ。一口飲んでみると……おお、これは……! 控えめなトロみとチキンの旨み。ごま油の香りも豊かで、まさにふかひれスープ!!

ああ、身も心も温まる……。せわしなく人が行き来する駅ホームも、これを飲んでいる間は高級中華料理店に早変わりだ。ふかひれスープ最高ォォォォオオオオ! まあ、そこまで飲んだことないけど。

・具が欲しい

ただ、これは無理な注文なのかもしれないが、何かしら具材が入っていればもっとおいしく感じたように思う。例えば、コーンスープのコーンのような。もちろん、ふかひれを入れられないだろうことは百も承知である。が! 春雨、せめて春雨さえあれば……!!

・飲む価値アリ

それでも、このスープが普通にウマいことは間違いない。ちょっと小腹が空いた時にもいいかもしれないぞ。東日本にお住まいの人は、駅で「acure」の自販機を見かけたら探してみるがヨロシ。

参考リンク:acure「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です