【漫画】「警察官をクビになった話」の衝撃度がヤバい / 警察学校の実態、暴力、トラウマ、そして立ち直るまで

あなたは仕事をクビになったことがあるだろうか? なったことがある人、まだなったことがない人、これから先なるかもしれない人……と様々だと思うが、1つだけ言えることは「クビになった人は少なからず心に傷を負う」ということだ。

今回ご紹介するのは、いまインターネット上でメチャメチャ話題になっている漫画『警察官をクビになった話』である。なぜ彼は警察官をクビになってしまったのか? そこに至った壮絶すぎる経緯とは? 詳細は以下でご覧いただきたい。

・18歳の頃の実話

漫画『警察官をクビになった話』を公開したのは、コラムニストでありブロガーの「ハルオサン(@keikubi123)」だ。ハルオサンが公開した『警察官をクビになった話』は約1日で5万リツイート以上を記録、ブログでは1日200万PVを達成したという話題作である。

なぜ、1作の漫画がそこまでの反響を呼んだのか? 舞台はハルオサンが18歳の頃、幼い頃からの夢であった警察学校から始まる。期待に胸を膨らませ入学した警察学校であったが、そこには「地獄」と呼んでも差し支えないほどの修羅場が待ち受けていたのだ。

知られざる警察学校の実態、ブラックという言葉では生ぬるいほどの仕打ち、そして警察官をクビになってからのトラウマ……。果たして18歳の青年の身に何が起こったのか? そしてハルオサンはどう立ち直ったのか? 詳細はご自身の目でご確認いただきたい。































なお、漫画は第0話から最終話まで14段階で構成されている。続きが気になる人はぜひ、ハルオさんのブログをチェックしてみよう。絶対に読んでおくべき漫画だぞ。

参照元:Twitter@keikubi123漫画「警察官をクビになった話」
イラスト:ハルオサン , used with permission.
執筆:P.K.サンジュン


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です