【大食い検証】スシローで10万円分食べられるのか? 男4人で挑戦した結果… / 第2回「10万円食べるもんズ」

最近の回転ずし業界は “4強” なんて言われている。スシロー、くら寿司、はま寿司、かっぱ寿司……どの店もそれぞれ良さがあるとは思うが、総合力で頭1つ……どころか6つくらい飛び抜けているのは「スシロー」ではなかろうか? 近い将来、スシローが “1強” になっても何ら不思議ではない。

さて、第2回目となる「チェーン店で10万円使えるのか企画」通称『10万円食べるもんズ』はそのスシローに挑戦した。ぶっちゃけ、前回のサイゼリヤよりも遥かに勝ち目はある……と思ったのだが。男たちとスシローの激闘の様子は、以下でご確認いただきたい。

・スシローマスターの教え

企業理念の「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯」の通り、いつでも安くて美味しい寿司が食べられるスシロー。特にコスパの良さは折り紙付きで、1皿100円のマグロなどは “軽い奇跡” と呼んでも差し支えないだろう。

普通に考えれば、そのスシローで10万円使うことは不可能である。なにせ普段であればお腹いっぱい食べても2000円ほどで済んでしまうのだから。今回の挑戦者は4名。1人2万5000円の壁は果てしなく高い……かと思いきや、編集部の “スシローマスター” こと中澤に秘策があるという。

「普通にやったら無理ですよ。でも1貫で300円の皿ばっかり攻めたらいけるんじゃないですかね? しかも300円の皿も何種類かあるから、ずっと同じものを食べ続ける必要がないんですよ。寿司なんて味が変わればいくらでも食えるでしょ?」

なんという説得力──。確かに前回挑戦したサイゼリヤなら「ミラノ風ドリア」は299円、1貫300円の寿司なんてボーナスステージにさえ思えてくる。さらに中澤はこう教えてくれた。

「1貫で300円の皿は、ジャンボホタテ・国産ウナギ・生ウニなんかがありますけど、やっぱろ大トロでしょうね、あと炙り大トロ。2つとも口に入れた瞬間に溶けちゃうので、噛む力も必要ないでしょう。この2つを軸にすればイケる気がするな~」

なんだか勝てる気がしてきた……! 普段は2000円そこそこしか行かないスシローだが、滅多に300円の皿には手も出さないし、ほぼ2貫1皿の寿司しか食べていない。男4人が本気で「1貫300円の寿司」を平らげていったら……スシローの背中が見えてきた。

・まさかのアクシデント

というわけで、都内のスシローにやってきたのは、中澤・あひるねこ・Yoshio、そして私、P.K.サンジュンの4名。いずれも劣らぬスシロー大好きっ子たちばかりで、全員がこの日のためにコンディションを整えてきた。10万円は当然として「ネタ切れで閉店」まで追い込むくらいの勢いだ。

しかも今回お邪魔したスシローは都内のやや高いスシローで、1皿300円ではなく320円だというではないか。……これは朗報! たかが20円、されど20円。積み上げていけばこの20円の差が結果に大きく影響するかもしれない。大トロと炙り大トロの品切れ待ったなしや!

ところが──。

店内に足を踏み入れた瞬間、全員があまりの衝撃に絶句した。なんと入口付近のポスターに、

「大トロほぼ半額 \(^o^)/」

……と記されていたのだ。な、なんということでしょう! これはスシローが行っていたキャンペーンで、我々はまんまとその最中にスシローに足を踏み入れてしまったのだ。こんなに嬉しくない半額キャンペーンがかつてあっただろうか? 勝手に気前よくしてんじゃねー! ハメやがったなスシロォォォオオオオオオ!!

作戦の方向転換を余儀なくされる中、始まってしまったスシローとの超真剣バトル。果たして男たちは10万円の壁を打ち破ったかのか? 意外なほど食べ続けられたまさかのネタとは? 気になる続きは後半へ(https://wp.me/p25BsW-4Nfd)GOだ!

参考リンク:スシロー
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です