「画面が割れたスマホ」を使い続けるその理由

この世は不思議なことばかりである。簡単には説明できないことも多い。そのひとつが、 “スマホのひび割れ” だ。ひびが割れる原因はわかる。落としたりぶつけたりすれば、当然ひびが入る。問題はなぜ、そのひびを放っておくのかということ。

もちろん、修理するという人もいるだろう。しかし、そのままにしている人は身近に少なくないのではないか。記者もそのひとりで、ひび割れスマホを愛用している。そこで今回は「なぜひび割れスマホを修理しないのか」その謎を解明したい。

・落とせばひび割れるスマホ画面

まず、なぜ “ひび” を作ってしまうのか。答えは簡単。冒頭に書いた通り、単純に落としたりぶつけたりするからだ。「落とさないように気をつけろよ」という声が聞こえて来そうだが、これがなかなかそうはいかない。

だいたい、最近のスマートフォンは大きすぎやしないだろうか。記者の場合、iPhoneで言えばSEサイズが手にジャストフィットする。しかしSE以上の大きさになると、両手で持たなければ操作ができないのだ。

確かに両手で持てばいいだけの話であるが、そうもいかない時もあるだろう。横着(おうちゃく)をして片手で持っているときに限って落としたりするもの。ひびを作ってしまう原因のひとつが、スマホのサイズにあるのではないだろうか。

・いつの間にか愛おしくなるバキバキのスマホ

しかしサイズに関していちゃもんをつけたところで、どうしようもない。致し方ないことである。問題は、ひびをどう処理するのか、というところ。いろいろなタイプがいると思うが、記者の場合はひとまず修理してみる。

正規店は高いので、非正規店にお願いする場合が多い。その後何度か修理し、ひび割れをし、修理し、ひび割れをしを繰り返す。そしてふと気が付くのだ。「どうせまた、ひび割れするのならソノままで良いんじゃね? わざわざなおすの面倒くさいしな」と。

それからはもう、いくらひびが入ろうが傷がつこうが気にならない。形あるものは壊れる。それが自然の摂理だ。一度受け入れるとあら不思議、なんだかひびがある状態がスタンダードに思え、バキバキのスマホ画面が愛おしくなってくるではないか。

つまりだ。画面にひびが入っていることが、気になるか気にならないかだけの差ではなかろうか。ひびがある状態がスタンダードになれば、そのひびにさえ愛着がわくというもの。周りにいる “ひび割れスマホ愛用者” の心情はそんなところではないかと、記者は思うのだ。

執筆:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です