【業界の悲鳴】制作を発表していた人気アニメが人手不足で制作中止に「当初予定していたスタッフの確保が厳しく……」

春・夏・秋・冬、毎クール60本以上が放送されるアニメ。近年、放送される本数はさらに増えており、アニメ業界の勢いを感じる。しかし、一方で人手不足や労働環境の厳しさなどが取りざたされることも

この度、すでに制作を発表していた人気アニメのスピンオフが人手不足による制作中止を報告しているためお伝えしたい。「当初予定していたスタッフの確保が厳しく……」って……ガチだな

・すでに制作発表されていたスピンオフ

2018年11月22日、HPでそんなお知らせを出したのは『ガーリッシュナンバー』である。調子に乗りやすくちょっとクズな女子が声優業界の荒波にもまれるこのアニメ。主人公・烏丸千歳のセリフ「勝ったなガハハ!」はちょっとしたブームになった。

今回、制作中止が発表されたのは、本作のスピンオフである『ガーリッシュナンバー修羅』。2017年4月のイベントでアニメ化が発表されていたが、お知らせにて以下の通り制作中止が発表された

「2017年の4月に行われた「くずふぇす」にて制作を発表させていただきました、「ガーリッシュ ナンバー修羅」の制作を中止とさせていただくことになりましたので、ここにご案内申し上げます。

こちらの企画につきましては制作上の都合により当初予定していたスタッフの確保が厳しくなり、クオリティ、スケジュールについての保証が難しいと判断致しました。

楽しみにしてくださっていたファンのみなさま、並びに関係者のみなさまには大変申し訳ありません。

TBS
ディオメディア
ガーリッシュナンバー製作委員会」

──延期ではなく中止。しかも、理由が人手不足というから穏やかではない。業界の悲鳴が聞こえてくるようである

『ガーリッシュナンバー』のファンの1人として制作中止は残念だが、人手不足で現場が地獄になるよりはマシとも言える。そういった意味では、今回の早めの制作中止発表は現場を考えた英断だったかもしれない。

参照元:ガーリッシュナンバー
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です