【実践】ストレッチをやり続けて2年を経て、ようやく開脚で頭が床につくようになったよーーッ!!

わたくし(佐藤)、身体を鍛えるのに近道はないと思っております。ダイエットや筋トレは、残念だが一朝一夕にいかない! 日々の地道な努力の積み重ね、それこそが近道である。それにもまして思い通りにいかないのが、柔軟性の向上だ。硬い身体を柔らかくしていくのは、千里の道を1歩1歩あゆむがごとし!

巷では、「簡単に!」「○日で柔らかく!」「これさえやってればOK!」みたいなノウハウ本があふれているけど、そう易々とできる訳がなかろう。身体の違いもあるけど、やっぱり地道しかないんだよ! 2年かけてそこそこ開脚できるようになった私が言うんだから、間違いないんだよッ!

・もっと早くに

私がポールンダンスを習い始めてから間もなく2年を迎える。まさか自分でもここまで続くとは、正直驚きだ。何しろ、大の運動嫌いだったから、こんなに身体を動かすことが好きになるとは思わなかった。

それと同時にこうも思う。「もっと早く始めておけば」と。

・中年男性は硬い

早く始めておけばよかったと思う理由のひとつが、柔軟性である。加齢による体力の衰えもさることながら、柔軟性を上げていくには時間がかかる。とくに運動をしない中年層は、そう簡単に柔らかくなる訳がないのだ。

ポールを習い始めた当初は、自分でも絶望するほど身体カチカチ。前屈で辛うじて指先が床につくくらい。中年にしては柔らかい方だけど、パフォーマンスをするには硬すぎて話にならない。

・日々努力の結果はなかなか出ない!

そこでちょっとずつではあるが、日々ストレッチをするようになった。ポールの練習前はもちろん、時間に余裕がある時には風呂上がりに1時間程度、ストレッチをしている。それでたちどころに効果が出るかと言ったら、これが全然出ない! 面白いくらい進歩しないんですよ、コレがッ!!

しかーし! そこで諦めたら今までと同じ。プロセスを信じろッ!

ということで、なおも地道に続けた結果、本当に少しずつ身体は柔らかくなっていく。目に見えないくらいのささやかな変化を積み重ねた結果、開脚の前屈で頭が床に近づいていく。見えている景色は少しずつ少しずつ変わっていく。

・約2年で到達

そしてついに、ポールを習い始めて約2年。2018年11月の段階で、開脚の前屈で頭が床につくところまで到達した。

実のところ、日によって頭が床に届かないこともある。つまり、まだ十分に身体が柔らかくなっていないということだ。

それでも、今後もストレッチを続け、胸まで床につくようにしたいと思っている。

そのためには180度に近い角度で開脚ができるよう、股関節内転筋を柔らかくする必要がある。これからも日々努力して邁進しようぞ!

・今から始めよう!

45歳の私よりも若い人たちは、まだ十分に時間と可能性があるので、今のうちに始めるべきだ。年が明けたらとか、暖かくなったらとか言ってないで、明日から。いや今日から始めよう。ダイエットでも筋トレでも同じことだ。1日も早いスタートが、目標達成を近いものにしてくれるぞ~!!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です